賃貸物件を借りる際の条件である身元保証会社への依頼 - 身元保証代行会社を選択するときの注意点

賃貸物件を借りる際の条件である身元保証会社への依頼

賃貸住宅を借りるときなどにその条件として身元保証会社との契約が必要な場合があります。
こうした契約は家賃滞納時などにおいてその取り立てをその業者に任せたりすることで、速やかに回収を図ることが目的です。また万が一の際には物件の管理などを行うところを兼ねている場合も多いです。
今後の日本では急速に少子化及び高齢化が進みますが、高齢者の住居保証がなかなか難しい場合が増えています。


そのため身元保証会社に依頼をするようにしてできる限り住宅を貸し出そうという動きもあるわけです。


ただしこの依頼時には注意点があり、家賃における数パーセント程度の手数料を毎月家賃や管理費に上乗せして支払うような契約を結ばないといけない場合が多いです。

そのため家賃及び管理費さらにこの手数料などが入ることで支払額が膨らむ危険性が増します。

どんな人にも身元保証の会社の情報サイトへお越しください。

こうした認識をしっかりと持って契約を交わす必要があるわけです。

身元保証会社は家賃を肩代わりするわけではありませんので、もし滞納をして不動産業者や大家などに支払が出来なかったときには代わりにこの身元保証会社が代行して請求を行う場合があります。

滞納したらすぐにでも督促に移る場合が多くあるため注意を要します。



借りる側はしっかりと毎月家賃などを支払えるように、残高の確認を行う必要があります。


家賃等の支払では通常は口座からの引き落としで対応をするケースが大半です。



ただし身元保証会社からの督促などの場合は現金での支払いになる場合もあります。